アラフォーのための美容コラム

新型栄養失調!?朝昼晩3食食べてても寝たきりになる危険信号

先日、livedoorニュースでこんな記事を見つけました。

 新型栄養失調とは、3食食べているのに、ビタミン・ミネラル・タンパク質の不足でおこる栄養欠乏症状のことです。隠れ栄養失調とも言われ、外見からはわかりにくいのが特徴です。

活動量や筋力の低下を招き、転びやすくなったり歩く速度が遅くなったりします。また、免疫力が低下して病気にかかりやすくなり、寝たきりや要介護のリスクが高まります。(livedoorニュースより)

 

 

新型栄養失調!?えーなにこれ!

すごくびっくりしました。

 

最近、炭水化物抜きダイエットとか、糖質制限ダイエットとか栄養を極端に偏らせるダイエットが流行ってますが、そういうのの影響でカロリーは多いくらい摂取できてるのにビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など必要な「栄養素」が不足しているのが原因だそうです。

 

新型栄養失調の原因

1.偏食
「○○だけ」や「○○抜き」といった偏った食べ方をすること。ビタミン・ミネラルの不足を招きやすい。
さらに肉や油を極端に避けていると、良質な脂質も不足してしまいます。太るからと油ものを完全にシャットアウトするとホルモン分泌にも影響が出てきます。

2.タンパク質不足
ダイエットや健康志向からカロリーを気しすぎてサラダやスムージーなど野菜だけを意識した食生活を続けている場合。ベジタリアンは肉・魚・大豆食品などのタンパク質が不足してしまい、筋力低下を引き起こします。

3.炭水化物と脂質の過剰摂取
インスタント食品・ファストフード・ラーメン・コンビニ弁当中心の食生活の場合。忙しいビジネスマンにありがち。炭水化物と脂質を摂りすぎてしまうパターンで、ビタミンやタンパク質が不足します。

 

新型栄養失調は現代病とも言えそうで、好きなものを選んで食べてしまえるので、肉だけ、野菜だけ、炭水化物だけと極端な栄養バランスになってしまうわけですね。

一部の栄養素はものすごく過多なのに、残りの栄養素は極端に少ない。

故に体の中で必要な代謝(タンパク質合成・ホルモン分泌・筋肉合成)が行われなくて、体の機能がどんどん衰えていき筋肉細くなり代謝が落ちていくのに脂肪だけぶくぶくつくという自体になってしまいます。

続きを読む

20代後半から肌が乾燥しやすくなり今まで以上に保湿ケアが大切に

肌の潤いを保つには日頃から行うセルフケアが大切です。
20代も後半になってくると自分でも気が付かないうちに肌の乾燥がすすんでこれまで以上に保湿ケアに手間をかける必要が出てきます。
そこで毎日忙しい女性におすすめなのが美容家電のスチーマーを使った保湿ケアです。
洗顔後の顔にスチーマーで顔を温めることで化粧水の浸透も良くなり肌がふっくらと柔らかくなります。
スチーマーを使っている間は基本的に椅子に座っているだけなので肌をきれいにしながらリラックスする時間を確保することができるのでまさに一石二鳥です。
また時間の取れる週末などにはスチーマーとシートマスクを組み合わせて使う事でさらに高い保湿力が実感できます。
平日にスチーマーを使うのが難しい人も週末だけ使うだけでもかなり保湿力は改善されます。
肌そのものに潤いをしっかり与えることによって肌のハリがアップして自然とシワの改善に繋がりますし肌を温めることによって顔の血色も良くなりあれこれと化粧品やコスメを増やして厚塗りをして隠す必要も無くなっていきます。
さらに肌が潤っているとメイクの崩れも激減するので仕事の休憩時間に必死にメイクを直したりメイクの崩れを心配しながら仕事をする必要もなくなっていきます。
「気軽に保湿したい」、「なるべく手間をかけずにアンチエイジングをしたい」という方はぜひ美容家電のスチーマーを使ってみてください。